ビタミンはタンパク質や炭水化物などの五大栄養素の1つで、私たちの身体の中で重要な役割を果たしてくれています。特に野菜などに含まれている事が多く、身体の機能を整えてくれる働きを持ち合わせています。

小さい頃「野菜を食べないと風邪を引くよ!」と嫌々ながらも頑張って食べていた、なんて方も多いのではないでしょうか。野菜が嫌いだった方にとってはこれほど苦痛な事はありませんでしたよね…。

さて、話しは逸れてしまいましたが、ここのページでは子供にとってビタミンはどんな効果をもたらしてくれるのか、また、ビタミンが不足をしてしまうとどうなってしまうのかについて解説をして行こうと思います。

ビタミンの効果

ビタミンには複数種類がありますが、期待出来る主な効果としましては疲労回復があります。レモンなどに多く含まれているビタミンCもそうですし、ビタミンB群なども疲れを取ってくれる効果があります。

特に現代人は疲れを無意識のうちに溜めてしまう傾向にあり、その疲れが積み重なってしまい体調を崩してしまうケースも少なくありません。仕事や学業などから疲れを感じる事もそうですし、ストレス、また筋力不足から来る疲労も含まれます。

そんな時におすすめなのがビタミンであると言う訳です。お肉やお魚などのタンパク質も大切ですが、身体の機能を整えてくれるビタミンも必要不可欠。日々の食生活で野菜が不足しているな…と感じるようであれば、まずは野菜を多く食べる事を意識してみて下さい。

みかんやリンゴなどのフルーツでも良いですね。それがどうしても厳しいようであれば、サプリメントなどから上手く摂りいれてみるのもおすすめです。

ビタミンが不足してしまうとどうなるか?

疲れの回復に絶大な効果をもたらしてくれるビタミンですが、もし不足をしてしまったらどうなってしまうのでしょうか。

身体の機能を整える働きがある訳ですから、これが不足をしてしまうと当然身体の中では様々な問題が発生してしまいます。休んでいるにも関わらず疲れがなかなか抜けないのはそうですし、肌が荒れたり傷が治りにくくなったりもします。

深刻なのは、うつ状態にかかりやすくなってしまう事。一見栄養と精神状態はあまり関係のないようなイメージがありますが、日々の生活の中でビタミンが不足してしまうとやる気が無くなったりボーっとする事も多くなってしまうんです。

もちろん、ビタミン不足だけが原因でこういった症状に悩まされるワケではありませんが、原因の1つとなっていると頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

何だか最近調子が上がらないな…と感じるようであれば、ビタミンを多めに摂る事を意識するとすんなり治まってしまうケースも多いです。

子供は野菜嫌いでビタミン不足になりがち

大人であれば多少は好き嫌いがあろうとも、健康のために無理をしてでもなんとか食べる事が出来るでしょう。では、子供の場合大人と同じようにむしゃむしゃ食べられるかと言えば若干怪しいですよね。

子供は大人よりも味を感じる味蕾細胞が多く、野菜の苦味を感じやすいために野菜嫌いの子供が多いんです。もしかしたら、あなたのお子さんもなかなか野菜を食べてくれなくて悩んでいるなんて事はありませんか。

1日に野菜は350g食べるのが理想的であると言われていますが、実際のところこの基準量をきちんと摂れている子供は少ないものです。ビタミン不足になってしまうと、風邪を引きやすくなるなど勉学にも影響を及ぼしてしまう可能性も捨てきれません。

ドクターセノビルならビタミンが摂れる!

ビタミン不足が気になる…でもどうしても野菜が食べられない…。そんな子供におすすめなのが、身長を伸ばすサプリメントのドクターセノビルです。ドクターセノビルにはビタミンB6、ビタミンB12を始めとしたビタミンが含まれていますので、子供のビタミン不足解消に役立ちます。

それでいてすっきりした味わいのグレープフルーツ味ですので、苦いのが嫌いなお子さんでもゴクゴク楽しく続ける事が出来ます。ビタミン以外にもアルギニンなど、成長に必要な成分が多く配合されていますので、子供の身長を少しでも伸ばしてあげたい!と言う方に向いているサプリメントです。

詳しくはトップページのドクターセノビルの効果で見られますので、是非ともこちらもご覧頂ければと思います。