いざドクターセノビルを購入して自宅に届いたはいいものの、いつどのタイミングで飲めば良いのか分からない..と言う親御さんも少なくないようです。これについてはトップページのドクターセノビルの飲み方を詳しく!の項目で詳しく解説していますので、是非ともそちらに目を通していただければと思います。

さて、今回は飲むべきタイミングとは逆に、飲まない方が良いタイミングについて解説をして行きます。少しでもドクターセノビルの効果を無駄にしたくない方はこちらのページも必見です。

たっぷり栄養を摂った後

まず第一に飲まない方が良い時間帯と言うのは、ご飯などからたっぷりと栄養を補給した後になります。人間は一度に吸収出来る栄養の量は決まっていて、それを超えてしまうと脂肪となって蓄積されてしまうどころか、吸収されずに便や尿となって体外に排出されてしまう可能性もあります。

そのため、ご飯を多く食べる事の多い昼食後や夕食後には避けておいた方が良いでしょう。

朝に関しては人それぞれ強い・弱いがあり、食べられる量も多少異なってきます。パン1枚を食べるだけでもしんどい..と感じるようであれば、朝食後だけ例外としてドクターセノビルを飲んでみるのも良いかもしれません。

お腹を下している時

食べ過ぎたり風邪を引いて体調不良に陥っている時と言うのは、お腹を下しやすく下痢になりがちです。

下痢になる=食べ物や飲み物の栄養を上手く吸収するのが難しい状態になりますので、このタイミングでもドクターセノビルはあまりおすすめ出来ません。

確かにドクターセノビルはお水やスポーツドリンクに溶かすだけで簡単に飲む事が出来ますので、食欲が無い時の栄養補給には向いているように感じます。

ただ、栄養の吸収率は下がってしまいますので、お腹を下している時には極力避け、おかゆやウイダーなどの栄養補助食品などがおすすめです。

何も食べないと身体もどんどん弱って行ってしまいますので、最低限こういった食品は摂るようにしたいですね。そして、完全に胃腸の調子を取り戻したタイミングで再びドクターセノビルから栄養補給をして行きましょう。

基本的にはいつでもOK

以上2点だけ気を付けていれば、基本的にはいつドクターセノビルを飲んでも問題ありません。スポーツ後の栄養・水分補給として、朝食時のビタミン摂取に、就寝前の栄養摂取など1日のあらゆる場面で活躍してくれます。

1日2袋が目安となっていますので、出来る限り時間は空けたいですね。食事を摂り、胃が完全に空っぽになるまでにはおよそ3~4時間程と言われていますので、連続してドクターセノビルを飲む場合にはこれぐらいの時間を空けておくと良いでしょう。

一度に2袋飲むよりは1日2回に分けた方が栄養面的には効率が良いです。