スポーツを頑張る少年・少女にとって、栄養は練習と同じかそれ以上に重要なウエイトを占めます。この栄養が適当だとどれだけ頑張って練習をしても無駄になってしまう場合も…。

そこで活躍してくれる可能性があるのが、積極的に摂って行きたい成分の1つである「シトルリン」です。これもアルギニン同様アミノ酸の1種で、食べ物ではスイカのようなウリ科に属する植物に多く含まれているのが特徴です。

今回はドクターセノビル中に含まれているシトルリンがどのような効果をもたらしてくれるのか、ご紹介して行こうと思います。

シトルリンを飲むとどんな効果が?

シトルリンには

  • 冷え症の改善
  • スポーツをサポート

などの効果が期待出来ます。その他にも肌のツヤやハリの維持にも重要な役割を果たしてくれていますので、特に女の子には嬉しい成分となっているのが特徴です。

冷え症の改善にも

子供の場合は余程血流が悪くない限り心配する必要はありませんが、シトルリンには血流の改善に期待が持てるため、冷え性の改善に繋がります。これはシトルリンの持つ、血液中の一酸化炭素を増やして血管を広げる効果によるもの。

身体が冷えてしまうと何とかしてエネルギーを抑えようとする働きが起きてしまうため、食欲が沸かない、動きたくないなどの悪影響が出る場合もあります。

特にご飯が食べられないとその分だけ栄養が摂れない事に繋がり、最終的にあまり身長が伸びなくなってしまう場合もあります。冷えを感じやすい子供であれば、シトルリンを摂りつつ温かいスープなどを飲ませて上げて下さいね。

スポーツもしっかりとサポート!

シトルリンはスポーツを頑張る子供たちを応援してくれる成分でもあります。食事やドクターセノビルなどからシトルリンを摂りいれると、身体の中でアルギニンに変換をされます。

アルギニンについてはこちらのページでもご紹介をしていますが、血管を拡張させ血流を増やしてくれる効果があります。つまり、アルギニンとシトルリンを同時に摂る事によって血流が増加⇒スポーツでのパフォーマンス能力UPに期待が持てるようになります。

ただし、シトルリンには独特の酸味があるため、スポーツ時には飲みにくいのがデメリットとなっています。そんな時でもグレープフルーツ味のドクターセノビルであればゴクゴク飲めるので便利です。

シトルリンには副作用はある?

「シトルリンには副作用があるのか」についてですが、飲み過ぎた所でこれと言った副作用は心配をする必要はありません。アルギニンとは違いお腹を下す事もありませんし、気分が悪くなる事もないでしょう。

ただ、シトルリンの持つ血管拡張作用にだけ少しだけ気を付ける必要があります。血液の流れが良くなりますので、脈拍が速くなったり身体が火照るような感覚を味わう場合もあります。

ですが、食品に含まれるシトルリンを摂った程度であれば問題はありません。もちろんドクターセノビルを1日の摂取目安の2袋を飲んでももちろん身体に影響が出る程ではありません。

それとは別に「シトルリンのみ」が含まれたサプリメントが販売されている場合がありますが、そういったサプリメントを1日に何杯も飲み続けさえしなければ大丈夫でしょう。

シトルリンは筋トレ前に飲むと良い

ドクターセノビルに含まれているシトルリンですが、シトルリン単体で見ると筋トレを熱心に行っている方にもおすすめの成分です。

先述の通り血管拡張作用がありますので、筋トレ時には良いパフォーマンスを発揮してくれ、最後のもう一粘りをサポートしてくれます。ジムなどで鍛えているトレーニー(トレーニングをする人)も好んで摂取する傾向にあり、成長期の子供たちだけでなく大人にも人気の成分になります。

もし、このページをご覧頂いている方の中でお腹が弛んで来た…健康のために運動不足を解消したい…とお考えであれば、トレーニング前にシトルリンを飲んでからワークアウトに励んでみるのもおすすめですよ。

出来る事なら最短ルートで体型を変えていきたいですよね…!